【緊急】今すぐ7万円を即日で借りる!今日中に7万円必要なら!

【緊急】今すぐ7万円を即日で借りる!今日中に7万円必要なら!

【緊急】今すぐ7万円を即日で借りる!今日中に7万円必要なら!

  • 「7万円今すぐ借りたいけど、さすがに友達には頼みにくいよ…」
  • 「明日、家賃の引き落としがかかるから、今日中に7万円必要!」
  • 「今すぐ7万円借りたいけど、貸してくれるのはヤバい業者だけ?」

 

7万円諭吉7人

 

7万円が必要となると、なかなか友達や親にも頼みづらい金額ですよね?

 

しかも今日中に必要だってなると、どれだけ説得力のあるトークでお願いしなければいけないのか…。

 

今回は「お涙頂戴トーク」でいくのか、「利子付けるから貸してや〜みたいな軽いノリトーク」でいくのか、はたまた代わりに何かしてあげることでの「交換条件トーク」でいくのか…。

 

おおかた「はいはい、またですか…」ってイヤな顔をされて煙たがられるのがオチです。

 

お金を借りる用件じゃないことで連絡しても、開口一番「お金は貸せませんよ!」なんて言われてしまうことも…。

 

電話しただけで不平不満を吐かれる男性

 

そんな中、私は普段から7万円程度のお金であればいつでも借り入れが可能な権利を得ています。

 

勿論、返済することが必須ですので、ただで貰えるお金ではありません。

 

しかし、日常生活を送っていると、一時的にお金が不足して必要だって時がありますよね?

 

そんな時に、7万円という高額な金額でも24時間コンビニやスマホで振り込んだりすることが可能です。

 

コンビニの銀行ATM

 

このページでは、今日中に7万円借りたいという方も、今後の為に7万円くらいいつでも借りれるようにしておきたいという方も、どちらにも役立つ内容となっています。

 

知らないことで、危ないところから知らずに借りてしまったり、知らないがために友人関係や親子関係に傷をつけてしまったり、借りるにしてもコスパが悪い借り方をして損をしてしまったり…。

 

これらのリスクを回避して、安全に便利にキャッシングを利用して7万円というお金を融通する術について解説しています。

 

 

今すぐ7万円借りたい人が安心して借りれる業者

 

貸金業法を遵守している安心の貸金業者を厳選しました。

 

一先ず「1ヶ月だけお金を借りる」といったニーズにも対応可能となっています。

 

プロミス

 

今すぐ7万円借りたい方にお勧めなのが、初回だと無利息サービスの提供があるプロミスです。

 

プロミスの看板

 

初回の方で、メアドとウェブ明細の登録をすれば、最大で30日間の無利息サービスが受けられます。

 

しかも、こちらの無利息サービスは他社に多い「契約翌日から」ではなく「初回借り入れから」となっています。

 

つまり、契約してすぐにサービスがスタートしないので、ご自身の都合で必要な時に初めて借りて、その日から無利息サービスを適用させることが可能なのです。

 

勿論、圧倒的な知名度からも分かる通り、正規の貸金業者で貸金業法や利息制限法を遵守している安全なサービスが提供されています。

 

大手の中でも、上限金利が17%代と抑えられている点も魅力ですし、20歳以上69歳以下、安定した収入があれば審査に申し込むことが可能です。

 

大手銀行の傘下であることもあり、即時振込に対応している銀行も多く、借り入れ方法や返済方法の種類も充実しており、即日融資にも最適なキャッシングとなっています。

 

顧客に寄り添ったサービスが評価されており、実際に2020年のオリコン顧客満足度調査では「ノンバンクカードローン第1位」として表彰されています。

 

SMBCモビット

 

WEB完結サービスを業界で最初にはじめたのがSMBCモビットです。

 

顧客のニーズに寄り添ったサービス提供が行われているために、当然人気が高いわけです。

 

その中でもWEB完結サービスであれば、電話連絡をカットできる点などは高く評価されています。

 

アイフル

 

アイフルでも初回借り入れ時には無利息サービスの提供が行われています。

 

こちらは契約翌日からの適用となりますので、急ぎ7万円借りたいという方にはピッタリのサービスといえます。

 

WEB完結や即日融資にも対応している、大手の安心できるキャッシングサービスです。

 

今日中に7万円必要なあなたにとってコスパが良い借り入れ方法

 

今日中に7万円借りたいという時に、急いで焦って間違った方法で借り入れしてしまうと大変です。

 

焦って7万円借りて頭を抱える

 

こちらでは、あなたが今日中に7万円借りる際にコスパ良く借り入れする為の手順について解説していきます。

 

キャッシングの申し込み方法

 

キャッシングの申し込み方法には、業者によって多少の違いがありますが、主に以下の通りです。

 

  • オンライン
  • 電話
  • 窓口
  • 自動契約機
  • 郵送

 

即日での7万円融資を希望されている場合には、郵送といった手順は何となく外されるっていうのは分かりますね。

 

郵送だと今日中に申込から借り入れまで実現させるのは不可能です。

 

書類のやり取りだけでも3日、4日かかってしまいます。

 

このページをご覧のあなたであれば、WEBで申込をするオンラインという方法も選択として可能な状態でしょう。

 

今すぐ7万円借りたい場合には、窓口まで足を運んだり、電話でカスタマーセンターのスタッフと一からやりとりしたり、そういった手順だと間に合いません。

 

パソコンを使って即日7万円融資をオンライン申し込み

 

コスパ良く手続きを済ませるのであれば、スタートの申し込み方法に関しては「オンライン申し込み」の一択が良いでしょう。

 

スムーズかつリーズナブルな手続きの流れ

 

大手のキャッシングサービス程、利便性を考えて手続きの方法が沢山に準備されています。

 

オンライン申し込みができる端末機

 

以下では、今日中に7万円借りたい人にとってスムーズな手順となる一つの流れをご紹介したいと思います。

 

  1. オンラインで申込をする(オンラインで必要事項や必要書類の提出)
  2. 確認のメールや電話を受け取ったらコールセンターに連絡をする(急ぎである旨を伝える)
  3. 審査結果待ち→審査結果の連絡を受ける
  4. オンライン上で契約手続きをする(チェック項目にチェックを入れるなど)
  5. オンラインの会員ページから自身の通帳口座に振り込み手続きをする

 

上記は、即日でご自身の銀行口座に着金させる方法となります。

 

申込時間や手持ちの銀行口座によっては、即時着金ができず翌日以降になってしまう恐れがあります。

 

その場合には、以下の手順(カード発行)を検討してみてください。

 

  1. オンラインで申込をする(オンラインで必要事項や必要書類の提出)
  2. 確認のメールや電話を受け取ったらコールセンターに連絡をする(急ぎである旨を伝える)
  3. 審査結果待ち→審査結果の連絡を受ける
  4. 自動契約機へ向かい、契約手続きをする
  5. 自動契約機でローンカードを発行する
  6. 併設されているATM機で現金を引き出す

 

こちらであれば、自動契約機の営業時間(だいたい21時や22時)であればローンカードを発行でき、ローンカードが発行できれば併設されたATMや提携するコンビニATMなどで遅い時間でも引き出しが可能となります。

 

今日中に7万円借りれるカード

 

ローンカードがあれば、仮に7万円借りたとしても、利用限度額が10万円なら残り3万円はいつでも借り入れが可能となります。

 

 

また、キャッシングの利点として、返済をすれば利用限度額の「枠」が出来るため、その枠の中の範囲内では何度でも、手続きなく、出し入れが可能となります。

 

今回だけでなく、以後また7万円などの金額が必要となった際にも、枠を確保しておくことで慌てず対応が可能となります。


 

手数料を発生させない方法一覧

 

出来るだけ手数料を発生させない方法で、借り入れや返済を行うことが理想です。

 

キャッシングの手数料

 

急ぎでほかに方法が残されていない場合など、そういった事情があれば手数料を払ってでも借入を実現する必要があるでしょう。

 

しかし、時間的な余裕がある場合には出来るだけ手数料が発生しない方法でキャッシングすることをお勧めします。

 

各社で微妙に違いがありますが、おおむね以下の方法を取れば手数料は発生しません。

 

『借り入れ時の手数料0円方法』

  • 銀行振込
  • 自社ATM
  • 店頭窓口

 

借り入れの時に「提携」銀行ATMや「コンビニ」銀行ATMを利用すると手数料が発生します。

 

手数料は、1万円以内であれば100円(税別)、1万円超であれば200円(税別)となっています。

 

『返済時の手数料0円方法』

  • 口座振替
  • 自社ATM
  • 店頭窓口
  • マルチメディア端末

 

「口座振替」で毎月決まった日に勝手に引き落としされるのが、一番安全な返済方法といえます。

 

しかし、銀行口座を使いたくない場合や繰り上げ返済をしたい場合などには、口座振替以外の方法を選ぶ必要があります。

 

その際に、借り入れの時と同じく提携ATMやコンビニATMを利用してしまうと、これまた同じ額の手数料が発生してしまいます。

 

借り入れと返済の両方で別途手数料が発生してしまいますので、7万円であれば都度200円(税別)が発生し、1回の取引で400円(税別)を余計に支払うこととなってしまいます。

 

ファミマのマルチメディア端末

 

「マルチメディア端末」に関しては、2020年3月以前はLippi(ロッピー)と呼ばれるミニストップやローソンに設置されている端末でも返済が可能でしたが、現在はファミリーマートだけです。

 

ファミリーマートに設置されているFamiポートに「ローンカード」を挿入し、レシートを発行してレジで支払いをすれば、小銭単位での返済が可能ですので、綺麗に利息分まで完済したい場合にもお勧めです。

 

マルチメディア端末機であれば、手数料なく「返済」が可能です。(借入は不可)

 

 

例えば、プロミスであれば提携ATMである三井住友銀行のATMでも手数料が0円で取引が可能です。

 

キャッシング会社によって、微妙に違いがある点に注意してください。


 

7万円を即日融資した場合の利息とは?

 

借りれば返済する必要があるのが、キャッシングというものです。

 

借りっぱなしで通用しないのは当然ですが、闇金や非合法業者のような理不尽な取り立てなどが行われないことは法律で約束されています。

 

返済を計画的に行うためには、前提として利息を含めた返済額がどのくらいにないるのかを把握しておく必要があります。

 

7万円を借りた利息のシミュレーション

 

7万円を借り入れした時の、利息の違いはどうやって出てくるのか?

 

利息が何パーセントかも影響しますが、借入日数がどのくらいの期間かという点も大きく影響してきます。

 

正直なところ、大手の正規の貸金業者であればプロミスが上限17.8%である点で少し有利点がありますが、基本は利息制限法で定められた20%が上限となります。

 

そのため、正規の業者で借りるのであれば利息の面で多な差が出ることはありません。

 

やはり、借り入れする日数が利息には大きく影響してきますので、以下に7万円を1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月の間、利息「20%」で借り入れした場合の毎月の返済額と利息トータル額について比較してみたいと思います。

 

1ヶ月で完済した場合には、利息合計は「1,035円」であり、支払合計は「71,035円」となります。

 

回数 3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月
1 24,036円 12,286円 6,417円
2 24,036円 12,286円 6,417円
3 24,038円 12,286円 6,417円
4 - 12,286円 6,417円
5 - 12,286円 6,417円
6 - 12,288円 6,417円
7 - - 6,417円
8 - - 6,417円
9 - - 6,417円
10 - - 6,417円
11 - - 6,417円
12 - - 6,419円
支払合計 72,110 73,718円 77,006円
利息合計 2,110円 3,718円 7,006円

 

 

7万円希望される場合もそうですが、キャッシング会社の借入限度額は初回で最低でも10万円〜と設定されることが多くなります。

 

10万円の上限は利息制限法で18%と設定されているため、多くのキャッシング会社での利息は18%となっています。


 

闇金との利息の比較

 

闇金には利息制限法という制限がありません。

 

闇金風の男性

 

非合法である以上、正規の貸金業者とは比にならない暴利でお金を貸し出してきます。

 

以下でご紹介しますが、闇金の暴利を3か月も6ヶ月も借りようものなら、借りた金額の何倍、何十倍の支払い総額になるか…。

 

闇金の特徴として「短期融資」が挙げられますが、闇金の利息で長期間貸すと現実的に返済できないという裏事情があり、1週間や10日で貸し出しする闇金業者が多いという実状があります。

 

闇金でよく使われる利息として「トイチ」という言葉を聞いたことはありませんか?

 

10日の利息が1割という意味ですが、トサンとなれば10日で3割の利息、トゴとなれば10日で5割の利息です!

 

このトイチを年利に換算すると、なんと「365%」となってしまいます。

 

しかも、最近のソフト化した闇金業者ではトイチは緩い方で、トサンやトゴといった暴利が一般的になってきています。

 

  • トサン…年利1095%
  • トヨン…年利1460%
  • トゴ…年利1825%

 

 

単純な単利で計算したとしても、トゴから7万円を1年間借りると1,277,500円…、7万借りて127万返すというわけですか…。

 

計算が大きすぎて多少自身がありませんが、とにかく桁が大きく違う支払いが要求されるという恐ろしさがありますね。


 

利息を抑えるコツとは?

 

利息を抑えるコツとしては、正規の貸金業者から7万円借りるというのは大前提であるとして…。

 

とにかく余裕があるときには「繰り上げ返済」を行うことがコツとなります。

 

7万円の繰り上げ返済を行う男性サラリーマン

 

上記でご紹介した通り、7万円を今日中に借りた場合には、明日以降から利息が発生します。

 

この利息は、借り入れ日数が長ければ長いほど増えていく仕組みになっていますので、利息を抑えるためには借入日数を少なくすることが求められます。

 

繰り上げ返済の方法としては、自社ATMや店頭窓口、会社によってはインターネット返済も可能となります。

 

端数まできれいに返済したい場合には、ATMだと小銭に非対応で細かく返済できない場合があります。

 

 

会社によっては多く返済した分は、後日口座に振り込みをしてくれるところもあります。

 

お勧めはファミリーマートのFamiポートを使った繰り上げ返済で、手数料0円で利用が可能です。


 

消費者金融以外から即日で7万円借りたい時は?

 

消費者金融以外から即日で7万円借りる場合には、簡単ではありませんがいくつか方法があります。

 

クレジットカードのキャッシング枠

 

対象者が限定されますが、既にクレジットカードをお持ちであり、かつクレジットカードの機能に「キャッシング機能」が付随している場合…。

 

クレカ5枚

 

この場合には、すでに審査が終わっている状況ですので、いつでも借り入れが可能な状態となっています。

 

知らずにショッピングの分割払い用としてしか利用していないケースが珍しくなく、実はショッピング枠の中にキャッシング枠も一部提供されている場合があります。

 

この場合は、ある意味では最も即日での7万円借り入れが早く、確実な方法だといえます。

 

クレジットカード会社の契約書類や会員ページ、分からなければコールセンターに連絡をして、現状クレジットカードにキャッシング枠が付いているのかどうか確認してみると良いでしょう。

 

 

付いていない場合には、新しく審査を受けてキャッシング枠を付けてもらう必要があり、この場合には即日7万円の借り入れは厳しいでしょう。

 

即日での申し込みから借り入れまでを実現するのなら、現実的に消費者金融のスピーディーさでないあと実現が困難です。


 

現金化アプリ

 

現金かアプリで最も人気なのがCASHなどの「オンライン買取」を使った現金入手方法となります。

 

CASH以外にもゲオスグ等も人気があります。

 

ブランドのバッグや財布、時計などがあれば、そちらを写メして送信するだけで、すぐに査定額が提示されます。

 

特別に審査を受ける必要もなく、合意すれば専用の電子ウォレットに即時入金がなされます。

 

日雇いバイトで稼ぐ

 

日雇いのバイトで7万円稼ぐのは大変かもしれませんが、業種によっては3日ほどで7万円稼げる場合もあります。

 

今日中に7万円を準備するのは現実的に難しい選択肢となりますが、今週中など少し時間的な余裕があるのなら借りずに稼ぐという選択も視野に入れてみましょう。

 

まとめ

 

今すぐ7万円借りたい|まとめ

 

今すぐ7万円借りる為のコスパの良い手続き手順や利息のイメージについて解説してきました。

 

計画的に借りて返済を行う限り、限度枠の中で何度でも借入返済が可能というシステムがキャッシングです。

 

キャッシングするなら大手で契約し、安全な法のもとサービスを利用させてもらいましょう。

 

即日での7万円も可能ですし、一度契約に通れば枠の中で都度手続きなど不要で借り入れが可能となります。

 

今すぐ7万円借りたい方も、今後の為に準備しておきたい方も、以下の大手から始めてみると良いでしょう。

 

現在、無利息サービスも実施中です!

トップへ戻る